仕事をすること

正規か非正規か

仕事をすること 求人情報には必ず入社後の立場についても書かれています。
つまり正社員か正社員ではないかです。
正社員の場合は身分が保障されている上に社会保険や厚生年金への加入も保障されています。
しかしアルバイトやパート、契約社員ではその立場は保障されていないことが多く、社会保険や厚生年金についても保障されていないことが多いです。
また正社員は月給制が多いのに対して、非正規雇用では時給制や日給制がほとんどではないでしょうか。
月給制であれば休んでもそれだけの給料は保障されます。
また少なくとも勤続年数にもよりますが有休があるのでそれを使って休めば給料は満額保障されるのです。
しかし非正規雇用者の場合は時給制であることが多いので、休んだり、遅刻や早退によってその月の給料は変化してきます。
また非正規雇用者の場合は有休が保障されていないことがほとんどなので、休む時は確実に給料が減ります。
このように非正規雇用者の場合は社会的に身分や待遇が保障されていません。
また非正規雇用者は景気の変動によって簡単に辞めさせることもできるので、企業側にとっては非常に都合の良い存在でもあるということは間違いのない事実でしょう。
できれば正規雇用されるような求人を選ぶべきでしょう。

■注目の情報

Copyright (C)2022仕事をすること.All rights reserved.